離婚の慰謝料っていくらくらいが相場?

MENU

離婚の慰謝料ってどれくらいかかるの?

 

事情があって離婚・別居する夫婦は多いですが、その際に気がかりとなるのが慰謝料ではないでしょうか?

 

別居であれば慰謝料を請求できませんが離婚となれば明確に慰謝料を請求することが出来ます。

 

慰謝料を貰う側は良いかもしれませんが支払う側は一体いくら払うのか気が気ではありません。

 

今回は離婚の慰謝料はいくらになるのか紹介したいと思います。

 

 

離婚の際に慰謝料は必ずもらえるわけではない

 

離婚に際して、慰謝料が必ずもらえると持っている方が多いですが決してそんな事はありません。
また女性は必ず慰謝料がもらえると勘違いしている人も多いようですがこれも間違いです。

 

まず慰謝料というのは精神的苦痛に対する金銭的対価のことを言います。
つまり精神的苦痛を与えた人による損害賠償金です。

 

例えば、旦那・夫が不倫や暴力をした等夫の悪さが原因で離婚した場合であれば旦那から慰謝料を取ることが出来ます。

 

ですが、逆に妻が不倫や暴力をして離婚した場合は妻が夫に慰謝料を払わなければいけません。
妻が夫に慰謝料を払うことだってあり得るということです。

 

ですから慰謝料というのは特に悪いほうが悪くない方に対して支払うものとおぼえておくと良いでしょう。

 

しかし夫婦どちらとも不倫をしていた暴力を振るっていたなど決定的な非はなく、性格の不一致を理由に離婚する場合はどちらが悪いというわけではないので原則として慰謝料は発生しません。

 

 

離婚の慰謝料ってどれぐらいかかるの?

 

時折テレビのワイドナショー等で芸能人夫婦が慰謝料を支払って離婚をしたという報道を目にすることがあります。
金額にして数千万円〜1億円と驚くほどの大金を支払って離婚する事も決して少なくありません。

 

この報道を受けて、「離婚するのにそんなに金を払うの?赤字どころじゃないよ」なんて思ってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか?
しかしこれはあくまでも芸能人の離婚の話であって、実際の相場ではあり得ない金額なのです。

 

慰謝料を算出するための計算式があるわけではなく、あくまでも精神的苦痛に対する金銭的対価です。
もちろん自分の精神的苦痛は1億円払ってもらわないと気がすまないというのであれば1億請求しても問題ありません。
しかし1億円請求したからといってそれが貰えることなんて先ずありません。

 

あなたの配偶者にそれだけの支払い能力がありますか?
請求に対して応じるかどうかはあくまでも任意であり強制ではありません。

 

そしていくらが相当なのかは離婚裁判の中で裁判官が決めることになりますので、この裁判官が通常決める金額が離婚の慰謝料の相場となります。
日本の場合慰謝料の相場は10万円〜1000万円未満と考えていただければ良いでしょう。

 

夫婦が金持ちだから慰謝料は沢山払わないといけない、もしくはたくさんもらえると思っている方は案外多いのではないでしょうか?

 

慰謝料は収入比例ではなくあくまでも精神的苦痛に対する金銭的対価です。
ですから苦痛の程度と経済力とは殆ど関係ありません。

 

 

離婚の慰謝料だけではなく財産分与も忘れずに

 

離婚に際して取り決める夫婦間の金銭的対価は慰謝料だけではなく財産分与もあります。
結婚期間中に夫婦で築き上げた財産を折半して精算し分け合うことを財産分与と言います。

 

この場合どちらの名義になっているかどうかは関係ありません。
慰謝料が発生しない離婚でも財産分与で与えられる若しくは与えなければいけない場合があります。

 

資産家の夫婦であれば財産分与だけで数千万円以上になることもあり得ます。


第1位 アイフル


 

※即日融資は平日14時までに振込手続完了が必須