親や兄弟に借金する時の言い訳はなんと言えばよい?

MENU

親や兄弟に借金する時の言い訳はどうすればいい?

 

計画的に使っていたつもりでもいつの間にかお金が足りなくなってしまうことは誰でにもあるもの。

 

また予想もしていなかった急な出費でお金をなんとか用意しないといけないということもあるでしょう。

 

このように急ぎでお金が必要な時、頼れる親や兄弟がいる人は一度相談してみると良いです。

 

 

金融機関からお金を借りるとなると高い利息を払わなければいけませんが、身内からの借金であれば基本的に利息は必要ありませんし、面倒な審査や書類の手続きも不要です。

 

しかし唯一ネックとなるのがお金を借りる時の良いわけではないでしょうか?

 

 

カードローンやキャッシングは使いみち自由ですから何に使っても構いませんし借金する理由を聞かれることも特にありません。

 

しかし身内からの借金だとそうもいきません。

 

 

お金を貸す側だってすんなりと貸すわけにもいきませんし理由次第では貸したくないと思ってしまうものです。

 

借金する理由を正直に言えるのが1番ですがなかなか言い難いこともあるでしょう。

 

そこで今回は親や兄弟から借金するときの言い訳について解説していきたいと思います。

 

ここでは実際に親や友人から借金したことがある人たちの中でも特に多かった口実をいくつか紹介します。

 

 

親や友人からの借金する時の言い訳は?

 

親からお金を借りる時の口実として特に多かったのが冠婚葬祭です。

 

一度や二度重なるぐらいであれば何とかなるかもしれませんが、流石にそれ以上になると厳しい物。

 

冠婚葬祭が重なることなんて決して珍しいことではありませんので、親も納得して貸してくれる確率が高いです。

 

他にはありがちですが割と有効な口実が不幸に関連したものです。

 

例えば財布をなくしてしまった、盗まれてしまったなどです。

 

この口実なら親だけでなく友人からも借りれる可能性は高そうですね。

 

 

子供の学費を口実にお金を借りる方も多いようです。

 

孫のためならと思ってすんなり貸してくれる親御さんも多いようです。

 

 

逆に使ってはいけない向いていない口実というのもあります。

 

やはり旅行やレジャーなど娯楽目的でお金を借りるのはハードルが高いです。

 

旅行やレジャーにいけなくても生活に困るわけではありませんから当然といえば当然ですね。

 

ギャンブルなんて以ての外です。

 

ヘタしたら親子喧嘩に発展する可能性もありますので、絶対に使ってはいけない口実でしょう。

 

 

親や兄弟などの身内から借金する時の注意点

 

身内からの借金、特に親からお金を借りる上で注意したいのがクセニなってしまう恐れがあるということです。

 

親からの借金なら金利はとられることはないだろうし、期限についても細かく言われることも無いかと思います。

 

その為、この状況に甘えてお金に困る度に親に借りてしまう可能性大です。

 

不思議な事に借りる方は1度も3度も大して変わらないと思ってしまうもの。

 

こんなことになってしまえばさすがの親も愛想を尽かしてしまうことでしょう。

 

お金の貸し借りが原因でトラブルになるなんて事は決して珍しいことではありません。

 

親だから兄弟だから中の良い友達だからと甘えた気持ちでお金を借りてしまうと必ず後で揉めます。

 

 

また口約束だけで済ませるのも絶対に止めましょう。

 

これも絶対にトラブルになること間違い無しな借り方です。

 

お金を貸す方は相手のことを信用しているつもりでもどうしても不安になります。

 

口約束ですといつ返してくれるのか分からない、本当に返してくれるのだろうかと疑ってしまうもの。

 

お金の貸し借りでトラブルにならないためは勿論ですが、相手が少しでも安心しできるよう借用書を作り双方で保管しておくようにしましょう。

 

 


第1位 アイフル


 

※即日融資は平日14時までに振込手続完了が必須