カードローンで借金するときの審査の時間はどのくらい?

MENU

カードローンで借金するときの審査時間ってどれくらい?

 

カードローンやキャッシングでお金を借りるなら出来るだけ早く借りたいもの。

 

審査も契約もさっさと済ませ最短即日で借り入れできるぐらいに手続きを進められるのが理想ですよね。

 

お金に困ってカードローンやキャッシングに申し込むわけですから、殆どの人は早めの融資を希望していることでしょう。

 

最短での回答でないにしても、1,2時間程度で審査結果の通知を受け、契約をしたいところでしょう。

 

しかし早く借りたいと思っても時間がかかってしまうこともあります。

 

そこで今回はカードローンの審査時間について解説していきます。

 

 

消費者金融と銀行カードローンの審査時間は?

 

審査が早い金融業者といえばやはり消費者金融が挙げられます。

 

中小の消費者金融でも対応が早い業者は多いですが、何と言っても大手の消費者金融は格段に早いですから本当に急いでいるというのであれば消費者金融に申し込むのが1番でしょう。

 

大手消費者金融の場合、審査にかかる時間は大体横並びで最短30分となります。

 

申込方法も多彩で自分にあった方法で申し込むことが出来るのも大手消費者金融の魅力です。

 

パソコンやスマショなら初回の審査はコンピューターが行いますのでより早く審査結果が分かる可能性が高いです。

 

 

一方で銀行系カードローンはどうでしょうか?

 

一昔前の銀行カードローンであれば審査が分かるだけでも1週間前後かかることもザラにありました。

 

しかし最近は銀行カードローンでもスピード対応のところが増えてきており、実は消費者金融と大差ないとまで言われています。

 

中には最短10分で審査結果回答可能な銀行カードローンもあるほどで、銀行カードローンは審査に時間がかかるケースは以前に比べ少なくなってきています。

 

 

但し上記はあくまでも審査結果回答までにかかる時間であって実際に借り入れ可能となる場合にかかる時間はまた別の話です。

 

審査にかかる時間に大きな差は無いですが、そこから借入するまでにかかる時間は大手消費者金融のほうが早く確立も高いです。

 

大手消費者金融と銀行カードローンとでは即日融資が可能な時間制限が大きく異なります。

 

消費者金融の場合は夜の8時前後までに申し込みすれば即日融資出来る可能性はあります。

 

しかし銀行カードローンの場合は午前中に申し込んだ場合にのみ即日融資OKとするところが非常に多いです。

 

銀行カードローンは消費者金融のように自動契約機を設置していませんので、即日融資は口座振り込みでしか対応できません。

 

銀行振込は平日の15時までと非常に短いため、申し込み締め切り時間も短くなっているのです。

 

 

カードローン審査が早く終る場合と時間がかかる場合とは?

 

審査にかかる時間は人それぞれ違って来ます。

 

スムーズに審査結果が分かる方もいれば時間がかかる人もいます。

 

基本的に審査結果に何の問題も無い方は審査が早く終る傾向にあります。

 

信用情報に異動情報や既存の借入れが無い、直近で借り入れがあったとしても返済遅延や不足なく入金できている状況など至ってクリーンな状態の人は審査は比較的早く終わります。

 

審査が早く終わるのは何も審査通過の可能性が高い人だけではありません。

 

明らかに融資ができない人も審査が終わるのは早いです。

 

信用情報にどうにもならないネガティブ情報があるとスコアリング化する前に審査は終わってしまいます。

 

明らかに融資できない人を細かく審査しても意味が無いからです。

 

 

では逆に審査に時間がかかる場合はどんな時なのでしょうか?

 

これは融資可能かどうか微妙な場合が挙げられます。

 

他社借入があるけど総量規制の範囲内である、けど返済遅れが少し見受けられる、いくつか借入申込をしているなど判断に困る場合は審査が慎重に行われ時間がかかるケースがあります。

 

 

融資希望額が大きい場合も審査は基本的に時間がかかります。

 

消費者金融の場合、50万円もしくは他社借入総額と合わせて100万円を超える場合は収入証明書が必要となります。

 

書類の確認と融資希望額に相応しいか慎重審査を行いますので審査に時間がかかってしまうのです。

 

収入証明書が必要になるほど大きな金額を借りる場合、基本的に即日融資は無理だと思ったほうが良いです。


第1位 アコム


 

※即日融資は平日14時までに振込手続完了が必須