生活費を借金したい!足りないお金を借りるには?

MENU

生活費を借金したい!足りない分を借りるには?

第1位 アコム


 

※即日融資は平日14時までに振込手続完了が必須

 

 

お金がないと「光熱費や家賃、ガス代、水道代、電気代」など、生活していくのに必要な「生活費」の支払いが出来ません。

 

生活費を借金したい場合、どういう方法でお金を借りるのが良いのでしょうか?

 

 

お金を借りるということは当然、返済しなければいけませんので、生活費を借金して終わりというわけにはいきません。

 

借りる前よりも借りた後のほうが大変になる可能性もあります。

 

ですので、生活費を借金する時にも事前にきちんと計画を立てた上で無理のない借り入れするのが良いです。

 

 

とは言え、お金を借りれないことにはどうにもなりません。

 

今回は生活費を借金したい時に考えたいお金の借入先について解説していきます。

 

 

【このページの目次】

 

親や身内などから生活費を借金する

 

生活費が足りない時に、まず考えたいのが「親や兄弟から生活費を借金すること」です。

 

金融機関で借りる方が手っ取り早いですし簡単かもしれませんが、金融機関から生活費を借金するには高い利息がかかります。

 

 

特に消費者金融は高金利ですから、気をつけなければいけません。

 

親や兄弟からの借金であれば、「利息なし」あるいは「数%程度の利息負担」で済ませることが出来ます。

 

ですので、生活費を借金したいのなら、まずは親や兄弟に相談し、駄目な場合に金融機関を検討するようにしましょう。

 

 

どうやって話を切り出そうかと悩むところではありますが、正直に「生活費を借金したい」ということを伝えるようにしましょう。

 

回りくどい言い訳をしてしまうと、親や兄弟はあなたを心配になってしまいます。

 

 

「生活費が足りない、生活費を借金したい」なんてことは決して珍しいことではありませんから、余計な心配をさせないためにも、きちんとお金が必要な理由を打ち明けるようにしましょう。

 

 

これが「ギャンブルや遊び目的でお金が必要」という理由であれば、間違いなく貸してはくれません。

 

でsyが、生きていくのに必要なことのためにお金が必要と分かれば、案外すんなりと貸してくれるものです。

 

より詳しくはココも参考に⇒親や兄弟に借金する時の言い訳はどうすればいい?

 

 

 

親や兄弟から生活費を借金する時、現金を受け取るだけで良いのか迷うところです。

 

いくら身内だからとはいっても、金額がそれなりに大きくなるのであれば、借用書を作ったほうが良いのではと思うところではないでしょうか?

 

 

「身内なんだから、生活費を借金する時にそんなの必要ない」と思っている方が殆どかも知れません。

 

ですが、これからも良い関係を築いていきたいのであれば、必ず借用書は作るべきです。

 

 

親や身内から生活費を借金する時でも借用書を作るのは「税金」が絡んでくる部分もあります。

 

ですが、それより何より「相手に安心してもらうこと」が大切です。

 

ちゃんと信用してもらうためにも、借用書は作ったほうが良いのです。

 

 

身内からの借金となると、どうしても口約束で済ませてしまいがちですが、それはトラブルの元です。

 

「いくら借りたのか」
「金利はいくらなのか」
「返済日は何時なのか」

 

これらのことをきちんと決めて、証拠として書面に残しておけば、揉めることもありません。

 

 

生活費が足りないのであれば

カードローンで借りる方法も!

↓ ↓ ↓ ↓

第1位 アコム


 

※即日融資は平日14時までに振込手続完了が必須

 

 

カードローンで生活費を借金してお金を借りる

第1位 アコム


 

※即日融資は平日14時までに振込手続完了が必須

 

 

 

「親や身内には生活費を借金したくない」「借りれない」という方は多いかと思います。

 

そのような場合は「カードローン」で生活費を借金することを考えてみると良いでしょう。

 

 

「でも担保になるものや保証人なんて用意できないよ」と思うかもしれませんが、カードローンは生活費を借金する際には担保も保証人も必要ありません。

 

また、カードローンなら即日で融資を受けることが出来ますので、生活費が足りないなど緊急を要する場合にも対応できますので安心です。

 

 

カードローンは銀行、信販会社、消費者金融と様々な金融業者で取り扱っています。

 

「どこに申しこめばよいのか分からない」という方も多いかと思います。

 

 

「低金利で生活費を借金したい」のであれば銀行カードローン、「急ぎでお金を借りたい」のであれば消費者金融が良いです。

 

ですから、生活費が足りないなどの「お金がすぐにでも必要な場合」は、生活費を借金する先として、消費者金融を選ぶのが良いでしょう。

 

 

銀行カードローンは、生活費を借金する時にも低金利で借りれるますが、その分、審査基準が厳しい傾向にあります。

 

また、銀行カードローンは融資実行までに時間がかかりますので、前もってお金を借りる必要が有ることを分かっていて計画的に利用する場合には向いています。

 

 

ですが、生活費を借金することを考えていて、急ぎでお金が必要など時間がないときなどには、銀行カードローンは向いていません。

 

 

 

ただし、「消費者金融のカードローンならどこでもいい」というわけではありません。

 

テレビCMなど有名な大手消費者金融だけでなく、「地域密着型の中小の消費者金融」でも生活費を借金することは可能です。

 

 

ですが、中小の消費者金融には悪徳業者も紛れていますので、生活費を借金する時にも非常に危険です。

 

また、中小の消費者金融は全国対応ではなく、一部地域の方のみ利用可能と、非常に使い勝手が悪いです。

 

 

即日融資に対応している金融業者もありますが、来店契約が条件となります。

 

ですので、時間がない方や近くに店舗がない方ですと、生活費を借金するのは難しいです。

 

 

これに対し、大手消費者金融は全国どこからでも申し込みが可能な上に、来店不要で契約可能と、生活費を借金したい時にも非常に使いやすいです。

 

即日融資にも勿論対応しており、最短1時間で借り入れできることもある程です。

 

カードローンの審査時間についてはこのページ⇒カードローンで借金するときの審査時間ってどれくらい?

 

 

大手消費者金融のカードローンは審査基準は決して甘くはありません。

 

ですが、生活費を借金したい時に「働いて収入が安定」していれば、借りれる可能性は十分にあると思ってよいです。

 

 

生活費が足りないのであれば

カードローンで借りる方法も!

↓ ↓ ↓ ↓

第1位 アコム


 

※即日融資は平日14時までに振込手続完了が必須

 

 

専業主婦やパートでも生活費を借金できる?

 

「専業主婦」や「パート勤めをしている主婦」でも、カードローンで生活費を借金することは出来るのでしょうか?

 

カードローンは「申し込みする本人」が働いて収入があれば、主婦でも生活費を借金することは可能です。

 

雇用形態の制限も特にありませんので、パート勤めでもカードローンで生活費を借金するのは問題ありません。

 

 

主婦の方がカードローンで生活費を借金する上で心配なのが、「旦那にバレないかどうか」ではないでしょうか?

 

できれば内緒で生活費を借金したいところですよね。

 

 

多くのカードローンでは、パート主婦であれば「本人名義で契約」することが出来ます。

 

ですので、夫に内緒で生活費を借金することも可能です。

 

配偶者の同意や勤務先への電話連絡無しで借り入れすることが出来ますから、カードローンのことは秘密に出来ます。

 

参照ページ⇒家族にバレずに借金する方法は?

 

 

ただし、内緒で生活費を借金するのであれば、銀行カードローンではなく大手消費者金融を利用したほうが良いです。

 

大手消費者金融なら、自動契約機で契約手続きをすれば「その場で契約書もローンカードも発行」されます。

 

ですので、自宅に郵送物が送られてくることがありません。

 

 

配偶者や家族に借金バレする可能性があるとすれば、金融業者からの郵送物です。

 

ですから、自宅への郵送物を無くすことができる大手消費者金融なら、家族や旦那に内緒で生活費を借金すもことも可能です。

 

 

ただし、返済を延滞すると督促状が送られてきますので、きちんと期日通りに返済するように心がけてください。

 

 

生活費が足りないのであれば

カードローンで借りる方法も!

↓ ↓ ↓ ↓

第1位 アコム


 

※即日融資は平日14時までに振込手続完了が必須

 

 

 

一方で「専業主婦」の方はと言いますと、生活費を借金できなくはないですが、選択肢はかなり限定されます。

 

 

まず、大手消費者金融では専業主婦の申し込みOKとしているところはどこもありません。

 

消費者金融でも一部の金融業者のみ申し込みOKとしており、しかも名前も聞いたこともないような中小の金融業者です。

 

 

借りれると言っても「本人名義」ではなく、「配偶者と年収を合算して申し込み」を行います。

 

お金を借りるには「配偶者の同意」と「収入証明書」、それに「婚姻関係証明書」が必要となります。

 

同意書が必ず必要なことから、旦那に内緒で生活費を借金する事はまず無理と思ったほうが良さそうです。

 

 

ただし、銀行カードローンであれば「配偶者貸付」ではなく「本人名義」で生活費を借金できる所はいくつかあります。

 

しかし、審査の際には在籍確認のために配偶者の勤務先へ電話連絡が行なわれます。

 

ですので、やはり旦那に内緒で生活費を借金するということは難しいでしょう。

 

 

別居中や離婚後でも借金する条件は何?

 

「結婚はしているけど、旦那とは今関係が悪くて別居している場合」や、「離婚した場合」でも、カードローンで生活費を借金することは可能なのでしょうか?

 

 

カードローンの利用条件には「別居中の方や、離婚された方」の利用は不可」という記載は特にありませんので、問題なく生活費を借金することは可能です。

 

カードローンでは使い道も自由ですので、離婚の慰謝料の支払いの足しにしたとしても問題はありません。

 

慰謝料の相場についてはコチラ⇒離婚の慰謝料ってどれくらいかかるの?

 

 

 

重要なのは「利用希望する人に十分な返済能力と信用力があるかどうか?」ですから、別居や離婚は何の影響もありませんので、安心してください。

 

ただし、働いて収入があるだけでは、カードローンで生活費を借金することはできませんので注意してください。

 

 

審査では「収入」と「信用情報」を特に重視する金融業者が多いです。

 

ですから、申し込みする前にこの2つの項目をクリア出来ているかを一度チェックしてみましょう。

 

 

とは言っても「年収何千万もないと審査に通らない」といった、滅茶苦茶厳しいものではありません。

 

収入は「金額よりも安定性があるかどうかが重要」となります。

 

 

毎月きちんと収入があることはかなり重要です。

 

「収入がある月」と「収入がない月」があると、「収入が不安定」と見なされ、カードローン審査に通るのが難しくなります。

 

 

さらに、月によって貰える金額に差がある場合も、カードローンで生活費を借金することは難しくなるでしょう。

 

金額は少額であっても、毎月ほぼ一定額をきちんと貰えている方が、カードローンで生活費を借金しやすいといえます。

 

 

また、「勤務実績」も収入の安定性を図る上では重要な要素と言えます。

 

1つの職場に長く勤務していれば、それだけ「仕事が安定している」といえ、その結果収入も安定していると見られやすいです。

 

 

勤務実績が浅いと、「辞める可能性」も考えられますので、審査に通りにくいのです。

 

ですから、「仕事を始めたばかりの人」や「日雇いバイト」のように、仕事が不定期な人はカードローンで生活費を借金しにくいといえるでしょう。

 

 

 

そして、カードローンで生活費を借金するうえで、もう1つ重要なる項目が「信用情報」です。

 

信用情報とは、簡単にいえば「ローンやクレジットカードの利用履歴」です。

 

 

「申し込み者がこれまでどんな借り入れをしてきたのか?」
「返済はきちんと出来ているのか?」

 

...など、過去の利用実績を元に「お金を貸しても問題ない人間かどうか」を判断しています。

 

 

「収入に見合った借り入れをしている人」や、「毎月期日に遅れることなく返済できている人」は、金融業者としても安心してお金を貸すことが出来ます。

 

逆に、「無理な借り入れをしていたり、毎回の様に延滞しているような人」ですと、同じ事を繰り返す可能性が高いですから、カードローン業者側が貸さないと判断し、審査落ちになることが多いです。

 

 

生活費が足りないのであれば

カードローンで借りる方法も!

↓ ↓ ↓ ↓

第1位 アコム


 

※即日融資は平日14時までに振込手続完了が必須

 

 

 

母子家庭でも生活費を借金できる?

第1位 アコム


 

※即日融資は平日14時までに振込手続完了が必須

 

 

 

「母子家庭でも生活費を借金したい」という場合、カードローンでキャッシングは可能なのでしょうか?

 

 

女手一つで子供を育てるのは大変なこと。

 

時には生活費が足りない事もあります。

 

 

子供が病気になれば、医療費なども多くかかる場合もあり、生活費やお金が足りない場合もあるでしょう。

 

病院費用が足りない場合はコチラも参考に⇒http://病院お金足りない.jp/

 

 

そんな時にカードローンで借り入れできればありがたいですよね。

 

結論から言うと、母子家庭の方でも上記で説明した条件をクリアしていれば、問題なくカードローンで生活費を借金することは可能です。

 

大手消費者金融なら即日融資も可能ですから、「なるべく早く生活費を借金したい」という時にも、非常に役立ちますよ。

 

母子家庭だからといって、カードローンで生活費を借金するのをあきらめないでくださいね。


第1位 アコム


 

※即日融資は平日14時までに振込手続完了が必須